Software

Microsoft Officeライセンスの主な種類:オプションの説明

  • ライセンスは分かりにくいものだが、ここではMicrosoft Officeライセンスの主な種類、違い、利点を理解するお手伝いをする。
  • 必要なOfficeのバージョンがわからない?あなただけではない。
  • マイクロソフト・オフィスのライセンス・オプションをナビゲートするのは、プロにとっても容易ではない。
  • Officeはまだ単体で購入できるが、その他のライセンスはほとんどがサブスクリプションベースで、365というブランド名でまとめられている。OEMとVLKは基本的になくなった。
マイクロソフトオフィスアプリのアイコン

マイクロソフト・オフィスは、今最も使われている文書編集スイートだ。それ以上のことができる。残念ながら、マイクロソフトのスイートのライセンスを購入するとなると、物事はそれほど単純ではない。

ほとんどの場合 マイクロソフトのライセンスオプションを完全に理解するのは難しいプロでさえもだ。マイクロソフトが製品名を変え続け、プランの変更、新機能の追加、チャンス機能の追加、価格設定などを行っていることは、何の助けにもならない。

Microsoft Officeのライセンスタイプについてもっと知りたいのなら、あなたは正しい場所に来た。さあ、始めよう:

ライセンスとエディションを混同してはいけないライセンスは、ソフトウェアを合法的に使用する方法を示すものであり、エディション(またはプラン)は利用可能な機能を示すものである。

OEMとボリュームVLKのオプションはもうない

サブタイトルがすべてを物語っている。 OEM (および VLK (ボリューム・ライセンス・キー)オプションは、マイクロソフト・オフィスでは基本的になくなった。

マイクロソフト・オフィスがすでにインストールされたノートパソコンを購入することはできるが、それはもはやOEMではない。30日程度の少額の試用期間か、一定期間のOffice 365サブスクリプションのどちらかだ。

つまり、この期間が終了した後もOfficeを使い続けるには、支払いが必要になるということだ。通常のOEMライセンスのようにハードウェアに縛られるのではなく、マイクロソフトアカウントに縛られるのだ。

ボリューム・ライセンシングの典型的なユーザーである企業やエンタープライズには、大量のライセンスをアクティベートするための他の選択肢がある。おそらく、OfficeのVLKがなくなったというのは正しくないだろう。

マイクロソフト365かオフィス365か?

手短に言おう: Microsoft 365とOffice 365は同じものである として 私はここで説明した。.基本的に、なぜか後者は段階的に廃止されている。

マイクロソフトのウェブサイトにOffice 365に関する記載が残っているのは少々紛らわしいが、名称の変更に留意する必要がある。それ以外に変更はない。

スタンドアロン・オフィス・ライセンスの小売:まだ選択肢はある

古典的なリテールライセンスは、Office 2019でもまだ存続している。 はオフィス2021用となる.というわけで、あなたはまだ Office 2019用ワンタイムライセンス.現在、3つのバージョンから選ぶことができ、それぞれデフォルトで入っているOfficeアプリが異なる。

がある。 Officeのリテールライセンスで、1台のデバイスにOfficeをインストールできる.必要なときにそのコピーを非アクティブにし、別のデバイスにインストールすることができる。同じMicrosoftアカウントでログインしても、同じライセンスを別のコンピュータで実行することはできない。 リテール・ライセンスはハードウェアに紐付いているマイクロソフトのユーザーに対してではない。

マイクロソフトオフィスが起動する

3つの365サブスクリプション・ティア:ホーム、ビジネス、エンタープライズ

ここしばらくの間、マイクロソフトはOfficeとWindowsの両方に365ライセンスオプションを提供している。

Office 365のライセンス・タイプは、正確に言うならMicrosoft 365のライセンス・タイプは、現在では月額サブスクリプションや年間サブスクリプションに置き換えられている。

だから今、オフィスは次のようになる。 月額/年間購読モデル ユーザー数に応じて料金を支払う。ビジネスエンタープライズ ティア)と選択したサブスクリプションプランがある。

Windowsのスタンドアロン版には、最新の機能が得られないというデメリットがあるためだ。将来的には、完全に廃止される可能性さえある。

加えて、365のライセンスは、使用しているハードウェアではなく、実際のユーザーに結び付けられる。これがマイクロソフトのライセンスオプションの主な変更点だ。

これらのプランには通常、Officeアプリだけでなく、クラウドストレージ容量、分析ツール、その他企業にとって重要なグッズが含まれている。機能の他に、BusinessプランとEnterpriseプランの主な違いは、ライセンスできる最大ユーザー数だ。現在 ビジネスプランは300ユーザーまで.

がある。 ホーム ワード、エクセル、パワーポイント、アウトルックだけで、高度なものを必要としない一般消費者向けだ。

特別ライセンス:教育機関および政府機関ユーザー

予想通り、誰にでも適用されるわけではない特別なライセンスもある。一方では、特別割引プランが適用される教育セクターがあり、政府機関や団体がある。

マイクロソフト・オフィスの現在のライセンス・オプションについてもっと知りたい場合は、以下を参照されたい。 この公式ページ を参照されたい。また Officeに関するよくある質問.また、いつものように、私たちがお役に立てると思われることがあれば、以下に質問を残すことができる。

読む について: マイクロソフトオフィスエディション と、 Windows 11ライセンスの種類そして Windows 10のライセンス.

のアバター。 Ionuț-Alexandru Popa
BinaryForkのライター兼編集長。テクノロジー、科学、宇宙開発、映画に情熱を注いでいる。コンピュータサイエンスを卒業後、20年以上前からテクノロジーに関する記事を書き始めた。
もっとスマートに働きたい?無料ニュースレターに参加する
時間を節約するために毎日使えるトリックを学ぼう。Windows 11のキーボードショートカットをまとめたPDFもプレゼント。
サイン・ミー・アップ
あなたの声を聞かせてほしい:

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

読者の皆さんは、礼儀をわきまえれば、熱い議論を楽しんでくださるので、たとえ完全に同意できなくても、敬意を払っていただくようお願いしている。ありがとう!

私たちのウェブサイト上の書かれたコンテンツは、私たちが表示している広告のために、無料で利用できる。私たちの努力を支援し、あなたが私たちのサイトを訪問したときにあなたのAdBlockerを非アクティブにしてください。ありがとう!
無料で購読し、より速く物事を行うために使用できるコンピュータのヒントを学ぶ
すべての購読者には、Windows 11の必須キーボードショートカットが記載されたPDFが送られる。
学びたい